XPressME Integration Kit

Codex

表示モード設定

XPessMEの表示形式はXOOPSモードとWordPressモードの2つがあり、管理者により表示モードを設定することが出来ます。

デフォルトではXOOPSモードが設定されています。

disp_mode_set

XOOPSモード

通常のXOOPSモジュール同様、XOOPSテーマのレイアウト内にコンテンツやブロックが表示されます・

disp_mode_xoops

WordPressモード

WordPressのレンダリングそのもので表示されます。

disp_mode_wordpress

ユーザーによる選択

ユーザによる選択では、WordPressモードかXOOPSモードかをユーザーが選択出来るように出来ます。

ユーザーの選択内容はCookie名xpress_style としてブラウザのCookieに保存されます。

WordPressモード表示時には、サイドバー「メタ情報」部分にXOOPSモードへの切替リンクが表示されます。

disp_mode_selector_wp

XOOPSモード表示時には、メタブロック部分にWordPressモードへの切替リンクが表示されます。

disp_mode_selector_xpress

切替へのリンクが表示されていない場合(メタブロックを表示していない場合やサイドバーにメタ情報を用事しないテーマを使用している場合)は

モジュールURL/?style=w  にて、WordPressモードへ
モジュールURL/?style=x   にて、XOOPSモードへ

モードのを行うことが出来ます。