XPressME Integration Kit

Codex

最近の記事内容ブロック

説明

最近の記事内容ブロックは
日付ベースで最新のものから順にその内容を表示します。

recent_posts_content_block

ブロック複製

複製可能

XOOPSテンプレート

テンプレートファイル名

モジュール名_recent_posts_content_block.html

使用できるSmarty変数

<{$block.data_count}>                   リストの表示数.
<{$block.contents}>                        リストの配列.

<{$block.contents}>は以下の要素で構成されたオブジェクトの配列です。

post_id ポストIDを表示
new_mark Newマークを表示
post_title 記事のタイトルを表示
post_date 記事の発行日付を表示
post_time 記事の発行時刻を表示
post_date_time 記事の発行日付と時刻を表示
post_modified_date 記事の編集日付を表示
post_modified_time 記事の編集時刻を表示
post_modified_date_time 記事の編集日付と時刻を表示
post_author 記事の投稿者を表示(投稿者へのリンクあり)
post_category 記事のカテゴリーを表示(カテゴリーへのリンクあり)
post_tags 記事のタグを表示(タグへのリンクあり)
post_views 記事の閲覧数を表示
comment_link 記事へのコメント数を表示(コメントへのリンクあり)
trackback_url 記事のトラックバックURLを表示
all_in_one XPress_Defaultテーマの出力

使用例

<{foreach from=$block.contents item=content}>
<li>
<{$content.all_in_one}>
</li>
<{/foreach}>

上の例では、
最近の記事リストをループ

要素の all_in_one を使って XPress_Defaultテーマに見られる構成で

タイトル
本文
日付、投稿者、閲覧数、カテゴリなど

を表示

を繰り返しています。(右に表示例を表示)

ブロックオプション

recent_posts_content_block_option

表示数

最近の記事リストに表示する個数を指定します。

記事を概要で表示する

記事の内容を概要(抜粋)で表示するか、全てを表示するか選択します。

記事の概要文字数

「記事を概要で表示する」を有効にしたとき。ここに設定した文字数で抜粋されます。

日付のフォーマット

PHPのdate関数で使用するフォーマット書式が使えます。

空白の場合はWordPressの「設定」「一般」「日付フォーマット」が使用されます。

wp_set_date_format

時刻のフォーマット

PHPのdate関数で使用するフォーマット書式が使えます。

空白の場合はWordPressの「設定」「一般」「日付フォーマット」が使用されます。

wp_set_time_format

対象のタグ選択

記事に付けられタグを指定してリストを作成します。 複数のタグを指定する場合はカンマ[,]区切りで入力します。

指定のない場合は、タグによる選択は行われません。

対象のカテゴリー選択

記事が属するカテゴリーを指定してリストを作成します。 リストは複数指定可能です。(windowsの場合[CTRL]キーを押しながらカテゴリーをポイントします。)