XPressME Integration Kit

Codex

ブロックチェックと修正

ブロックチェック・修正を行う前に

ブロックの修正を行うと、アクセス権、ブロックの配置設定等が全て失われますので、事前に、アクセス権やブロックの設定状況を確認、記録しておいてください。

Altsys等でXPressMEのアクセス権、ブロックの設定状態を確認して、記録しておいてください。

update_1xto2x_step01

ブロックのチェック

XOOPSのモジュール管理メニュー(XPressMEのもの)からブロックチェックを選択して、ブロックチェックを実行します。

以下のように殆どのブロックが異常ブロックと判断されます。

update_1xto2x_step21

ブロックデータの削除

上図の「ブロックを削除」をクリックし、ブロックデータの削除が完了すると以下のような表示になります。

update_1xto2x_step22

ここで「Go To Module Update: ***」部分をクリックすると、モジュールのアップデート画面へ進みます。

モジュールの再アップデート

削除したブロックデータを修復するために、モジュールのアップデートを実行します。

update_1xto2x_step23

修正後の確認

修正後、再度ブロックチェックを行いブロックが正常に修復されているか確認してください。

update_1xto2x_step24

アクセス権・ブロック配置の修正

ブロックの修正を実行すると、以下のようにアクセス権やブロックの配置データが全てクリアされていますので、先に記録しておいたデータをもとに、修正を行ってください。

update_1xto2x_step25

update_1xto2x_step26