XPressME Integration Kit

Codex

ブロックについて

XPressMEのブロックをXPressMEモジュール外(XOOPSのトップページや他のモジュールのページ)に配置した場合、XPressMEのブロックはキャッシュを利用します。詳細につきましては『ブロックのキャッシュ』を参照ください。

XPressMEのブロック管理を行うには、altsysの使用を強くお勧めします。

以下の例はaltsysが導入されている場合の表示で示されています。

ブロック管理を行うには

まず、XOOPSの管理権限があるユーザでログインしてください。

次に、ユーザーメニューより、「管理者メニュー」を選びます。

to_xoops_admin_menu

XOOPSの管理画面が表示されたらXPressMEモジュールを選択します。

xpressme_module_menu

XPressMEモジュール設定画面より「ブロック管理/アクセス権限」を選択します

to_xpressme_block_menu

ブロック管理の説明

ブロックオプションの表示

各ブロックには、ブロックオプションが設けられており、ブロックの表示にまつわるオプションが準備されています。

ブロックオプションを編集するには各ブロックの右端にある操作の項目から「編集」を選択します。

block_option_edit

ブロックの複製

ブロックには複製可能なブロックがあります。

複製可能なブロックは各ブロックの右端にある操作の項目に「複製」の表示が行われています。(強制複製の表示ではありません)

block_copy

 

複製の利用方法

例えば、最近のコメントブロックは標準でトラックバックを含めた全てのコメントを表示しますが、複製を行い

片方をコメントのみの表示、もう片方をトラックバックとピンバックの表示用に分けることが出来ます。

comment_option_comment_select

 

図1 ALTSYSによるXPressME ブロック管理画面

all_block_by_altsys