XPressME Integration Kit

ブログ

XPressME Integration Kit 自動更新

XPressME Integration Kit Ver2.4.0より、自動更新機能を実装します。

これは、WordPress 2.7より導入された、WordPressの自動更新の機能を利用したもので、

  1. パッケージの作業ディレクトリへのダウンロード、
  2. 作業ディレクトリー上での展開、
  3. 正規ディレクトリーへの更新ファイルコピー、
  4. 不要ファイルの削除、
  5. 作業ディレクトリの削除

を行っています。

但し、他、言語で利用されている場合等を考慮してwp-config.phpは更新しません。(今後wp-config.phpの更新を行うことは無いはずです)

また、自動更新では、xpress_defaultテーマも上書きされますので、カスタマイズしてご利用されている方は、テーマ名を変えてご利用ください。

xpress_defaultテーマ内に作成された拡張ブロック用のファイルについては、削除、更新されることはありません。

これらの作業はWordPressの$wp_filesystemオブジェクトを利用して実現していますので、WordPressの自動更新が行える環境の方は、XPressMEモジュールのファイル自動更新が行えるようになるはずです。

XREAサーバーをお使いの場合はwp-admin/admin.phpをCGIで動作させることでFTPアップロードを回避できます。 extrasに付属の.htaccessを利用してください。

自動更新の様子

XPressME アップグレード画面に自動更新ボタンが追加されています。

自動更新が実行されます。(環境によっては先に、FTP接続情報の入力が求められます)

最後に画面下にXOOPS上でのモジュール更新のリンクが表示されますので、ここをクリックしてXOOPS上でのモジュール更新を実施します。

以上で、モジュールの更新は終了です。

現在、XPressME Integration Kit Ver2.4.0alpa6の段階ですが、これで、いくつか持っている、テストサイトの更新の手間も軽減されると思うと、ちょっと嬉しいです。

 

 

 

コメントをどうぞ