XPressME Integration Kit

ブログ

WordPress Mu インストール

XPressME で WordPress Mu対応のリクエストがあったので、まずは調査用に、ローカル開発用サイトにインストールしてみた。

まずは、WordPress MuをVer2.7.1をダウンロード
次に wpmu-jaから該当バージョンの日本語化ファイルをダウンロード

本体内のwp-includesディレクトリ内に、languagesフォルダを作成
日本語化ファイル(ja.moとja.po)をwp-content/languagesフォルダー内にコピー

開発環境のxamppにインストールしたいので、

xampp\htdocs下にwordpress-muというフォルダーを作成し、そこにwordpress muのファイルをコピーする。

さて早速インストールだ

http://localhost/wordpress-mu/にアクセス。

Warning!
Installing to http://localhost/ is not supported. Please use http://localhost.localdomain/ instead.

ありゃりゃ、localhostってドメイン名は使えない!

しょうがないのでC:WINDOWS\system32\drivers32\etc\hostsに

127.0.0.1  localhost.localdomain

を書き加え

http://localhost.localdomain/wordpress-mu/で

アクセスすると無事インストールページが表示されました。

mu-install1

まずはBlog Addressesの設定だが、バーチャルドメインが使えないので、サブドメインではなくサブディレクトリーに設定する。

mu-install2

あとは、事前に作成しておいたMYSQLデータベースへの接続情報を入力

mu-install3

サーバーアドレスはそのまま使用、サイトタイトルと、メールアドレスを入力してsubmit

mu-install4

ようやくインストールが完了

mu-install5

早速、管理者でログインしてみる。

あれっ!日本語化は?と思ったら、Settings->General->Blog language: にて言語選択できるようになっていたのでJapaneseを選択、ブログユーザ毎に言語を選べるってことかな?

mu-install6

ともかくWordPress MUのインストールはうまく言ったようなので、これから折をみながら色々触って見ます。

ついでに、XPressME Integration Kitのwp-config.phpをWordPress MUのインストールで作成されたwp-config.phpを参考に修正したものでXOOPSモジュール化できるか試してみたけれど、そう甘くはないようで、まずインストーラのところからチェックしないといけないみたいです。(テーブルは作成されてますが、デフォルトデータが作成されてませんでした。)

タグ:

コメント / トラックバック 1 件

  1. […] てインストールが完了。 主にこのへんの理由で…WordPress Mu インストール […]

コメントをどうぞ